割れたり欠けたりした陶磁器などを漆で継ぎ、金や銀で上化粧して修復する日本の伝統技法、“金継ぎ(きんつぎ)”。修復するだけでなく、その器をさらに味わい深く仕上げるため、近年人気が高まっています。
EAST WORKSでは、1日でお持ち帰りいただけるパテや新漆を使った現代金継ぎワークショップを開催していますが、多くのリクエストにお答えして伝統的な本漆を使った金継ぎ教室も開催いたします!こちらは割れや欠け具合にもよりますが、全行程4〜5回で仕上がる予定。毎月第二・第四水曜日に開催しますので、ご都合のよいタイミングでご参加いただけます。
ご自宅に直したいお皿などある方、素敵に修復・変身させませんか?

 

EAST WORKS “本漆を使った日本古来の金継ぎ教室”
1/10,1/24,2/14,2/28,3/14,3/28(毎月第二・第四水曜日) 13:00〜15:00
講師:笹原みどり(金継ぎ Oh! LaLa (キンツギウララ) 主催。武蔵野美術大学(芸能デザイン学部)卒業、フリーランススタイリスト、国内外での展覧会に参加)
参加費:5000円 / 1回(基本材料費込)

RESERVA予約システムから予約する

 

ご持参いただく物:
*金継ぎを施したい欠けたり割れた器(3〜4点まで)
(ガラス、土鍋などできないものもあります。接着剤などは外し、汚れてるものは漂白して来てください)
*エプロン・マスク・メガネなど
*筆記用具

ご注意事項:
錫(スズ)仕上げまでは基本の料金に含まれます。
純金、純銀などで仕上げたい方は別途ご購入いただきます。
本漆はかぶれる事があります。ゴム手袋は用意しますが、ご自身もマスクなどご用意ください。
なお、かぶれなど症状が出た場合はこちらで対応出来かねますのでご了承ください。
汚れても良い服装でご参加ください。
定員に満たない場合、開催を延期・中止させていただくことがありますので、ご了承ください。

この記事を共有する:

Facebook