日本でも大変人気のある麻婆豆腐などの四川料理。その味を左右するほどの大事な決め手ともゆうべき調味料が「豆板醤」です。
普段のお料理では市販のものを使うことが多いかと思いますが、手作りの豆板醤を使った料理はひと味もふた味も違います!

今回寺本さんがご紹介するのは、4~6月に旬を迎える「そら豆」で、辛味と旨味がギューっと詰まった自家製豆板醤作り。

豆板醤の「豆」=「そら豆」ということを知らない人も意外と多いのでは!?
豆板醤は、そら豆と唐辛子と麹を発酵させたものなんです。
そら豆は焼いて食べるだけではありません!

この季節しかないそら豆で仕込む自家製豆板醤は、辛さも調整可能です。
今回は、自家製豆板醤の仕込みと、豆板醤を使った麻婆豆腐、エビチリの作り方と試食を行います。

2021年5月29日(土)13:00-15:00
寺本りえ子さんの “発酵食のススメ” 〜そら豆で自家製豆板醤を作りましょう!〜
講師:寺本りえ子(発酵食スペシャリスト、料理研究家)
料金:6500円(税込 7150円)*材料、テキスト込み
持参するもの:エプロン、筆記用具、持ち帰り用の手提げ袋(*仕込んだ豆板醤をお持ち帰りいただきます)
お申し込みは→ https://bit.ly/3vjYCLT

<寺本りえ子さんプロフィール>
フードディレクター、料理研究家
宮崎県五ヶ瀬町出身、東京在住
株式会社アモローソ代表
音楽アーティスト、TVCMのナレーターとして活躍中に、2003年よりケータリング、フードコーディネーターも始動。
2015年4月に『JOY of AGING』(宝島社)を出版
発酵食を広める活動や季節の手仕事やスパイス料理、薬膳料理など「世界中のテーブルを笑顔に!」をモットーに教室、講演、レシピ開発、商品開発のブランディング、飲食店などのディレクション、アドバイザーも務める。
地域活性化や食育の活動にも精力的に行い、海外での発酵食、日本食文化を広める活動もスタート。
食いがいでもメンタルケアを重視したカウンセリング、セラピーも行う。
・発酵食スペシャリスト、食育インストラクター 、フレッシュスム ージーアドバイザー、ホリスティックビューティアドバイザー、漢 方養生指導士初級、薬膳・漢方検定取得、きのこマイスター他。

こんな人にオススメ
* 発酵食に興味がある人
* 健康的、美容などに気を使った食生活を送りたい人
* 発酵食の効能についてより詳しく知りたい人

ご来場のお客様へご協力のお願い
以下に該当するお客様のご来場はお断りいたします。
・37.5度以上の発熱、咳など風邪の症状があるお客様
・ご家族やお勤め先、学校など、ご自身の身近に新型コロナウイルス感染症に感染した方、またはその可能性のある方がいらっしゃるお客様
・上記に限らず、体調の優れないお客様
EAST WORKS キャンセルポリシーについて
お申し込み後、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は、reservation@kontacto.jp までご連絡ください。
お客様のご都合によるキャンセルに関しましては弊社キャンセルポリシーに基づき所定のキャンセル料が発生いたしますのでご了承ください。
・キャンセル料
予約日~8日前 0%
7日前~4日前 50%
3日前~ワークショップ開催当日 100%
ご連絡確認後、所定のキャンセル料を差し引いた残額をお支払いいただいたクレジットカードへご返金処理いたします。
定員に満たない場合、開催を延期・中止させていただくことがありますので、ご了承ください。

この記事を共有する:

Facebook