2015/5/15 Fri. @ shibuya amate-raxi

http://www.amrax.jp

DOOR 3000yen(1F) / WF 2500yen(1D)

MAIN FLOOR DJ

Paul Murphy aka MUDD (Claremont 56)

DJ NORI (KONTACTO)

Max Essa (Jansen Jardin/Is it Balearic?)

Jun Kitamura (Capricious Records)

TOJO (afrontier)

2nd FLOOR DJ

YOZO (EAD RECORD)

Sayuri (DESTINATION)

M∞YaN (TRAVESSIA)

SHUNSUKE (GARDEN / SDC)

kohei (eathtone)

KAI YAMASHITA (S.K.DISCO / bon appetit)

KAZUHO (REMEDY)

VJ

Shun Ishizuka

 

Paul Murphy aka MUDD (Claremont 56)
95年にIdjut BoysのDiscfunctionからAkwaabaメンバーとして「Just Pilau」をリリースすると、Francois Kの“Essential Mix”やRon Trentの“Musical Reflections”に収録されるなど 大成功を得る。Akwaaba解散後ソロでRong からアルバム「Claremont 56」を発表、同名レーベルも設立。Mudd & Pollard“Villa Stavros”に始まって、Mark E、Phil Mison、Idjut Boys等のリリースや、コンピシリーズ“Originals”、CANの生きる伝説Holger Czukayの未発表曲シリーズなど人気コンテンツを持つ。2000年から続くプロダクションユニットSmith & Mudd、後にバレアリック・クラシックとなった彼らの最初のリリース「Shulme」は、2006年DJ History Forumで1位を獲得。続くアルバム「Blue River」 と 「Le Suivant」は日本盤も発売され、一躍シーンをリードする存在になる。Smith & Mudd のSmith、CanのHolger Czukay、80年代のカルトNYバンドLiquid LiquidのSal Principatoが参加するMuddのプロジェクトBISONのデビューシングル「Way to LA」は、ダウンテンポ・クラシックと評された。ジャズドラムのChico Hamiltomとは「Kerry‘s Caravan」、モダンアラビックミュージックのパイオニアAhmed Fakrounとは「Drago」をリリースし、Bing Ji LingとGroove ArmadaメンバーPatrick Dawesらと生バンドプロジェクト「Paqua」は、2014年デビューアルバムをリリースし、グラストンベリーとザ・ガーデンフェスティバルでライブパフォーマンスを行なった。幅広い制作活動と自身のレーベル運営を多忙にこなすなか、HarveyのSarcastic Discoを始め世界中のクラブやパーティーにでかけてプレイする旅好きなMuddは、真のバレアリック・スピリットの伝道者である。

 

この記事を共有する:

Facebook

関連記事:

DJNORI_M