フードディレクター、料理研究家、そして発酵食スペシャリストの、寺本りえ子さんをお招きして旬の食材で季節の手仕事を学ぶワークショップ。
9月はこの時期の旬、青柚子と青唐辛子で柚子胡椒をつくります。 「柚子」というと、冬至にお風呂にいれたり、和食の香りづけに 登場する黄色い柚子を思い浮かべますが、黄柚子は11月から1月に かけて市場に出回るもの。

今回は9月頃からしばらくだけお目にかかることができる、まだ青くフレッシュな「青柚子」を使用します。そして唐辛子は赤くなる前の生の青唐辛子を。 青唐辛子の旬は7月から9月にかけてですから、ちょうどこの2つの旬が重なる時期がまさに9月中旬から1ヶ月弱なのです。

フレッシュな柚子の爽やかな香りと、ピリッとした辛さが特徴の、この時期だけしか作れない青柚子胡椒をぜひ作ってみましょう。 お友達やご家族に作りたてをプレゼントしても良いですね。

寺本りえ子さんの秋の手しごと 〜青柚子胡椒づくり〜
2021年9月20日(月・祝)11:00-13:00

講師:寺本りえ子(発酵食スペシャリスト、料理研究家)
料金:6500円(税抜)/7150円(税込)*出来上がった青柚子ごしょう、テキスト、試食、お茶込み
持参するもの:エプロン、ハンドタオル、筆記用具、お持ち帰り用容器

RESERVA予約システムから予約する

<寺本りえ子さんプロフィール>
フードディレクター、料理研究家、宮崎県五ヶ瀬町出身、東京在住、株式会社アモローソ代表
音楽アーティスト、TVCMのナレーターとして活躍中に、2003年よりケータリング、フードコーディネーターも始動。
2015年4月に『JOY of AGING』(宝島社)を出版
発酵食を広める活動や季節の手仕事やスパイス料理、薬膳料理など「世界中のテーブルを笑顔に!」をモットーに教室、講演、レシピ開発、商品開発のブランディング、飲食店などのディレクション、アドバイザーも務める。
地域活性化や食育の活動にも精力的に行い、海外での発酵食、日本食文化を広める活動もスタート。
食いがいでもメンタルケアを重視したカウンセリング、セラピーも行う。
・発酵食スペシャリスト、食育インストラクター 、フレッシュスム ージーアドバイザー、ホリスティックビューティアドバイザー、漢 方養生指導士初級、薬膳・漢方検定取得、きのこマイスター他。

こんな人にオススメ
* 発酵食に興味がある人
* 健康的、美容などに気を使った食生活を送りたい人
* 発酵食の効能についてより詳しく知りたい人

ご来場のお客様へご協力のお願い
以下に該当するお客様のご来場はお断りいたします。
・37.5度以上の発熱、咳など風邪の症状があるお客様
・ご家族やお勤め先、学校など、ご自身の身近に新型コロナウイルス感染症に感染した方、またはその可能性のある方がいらっしゃるお客様
・上記に限らず、体調の優れないお客様

EAST WORKS キャンセルポリシーについて
お客様のご都合によるキャンセルに関しましては弊社キャンセルポリシーに基づき所定のキャンセル料が発生いたしますのでご了承ください。
・キャンセル料
予約日~8日前 0%
7日前~4日前 50%
3日前~ワークショップ開催当日 100%

この記事を共有する:

Facebook