花紅柳緑(かこうりゅうりょく)とは、春の美しい景色の形容。また、色とりどりの華やかな装いを表すことば。

「Red Bull Music Festival Tokyo 2019」を締めくくるフィナーレにふさわしい一夜。
日本の美しい自然と音楽、光が織りなす《非日常》をお届けします。

高層ビル群に囲まれた都会のオアシス「浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)」を舞台に、国内外のアーティストたちが奏でるアンビエント・ミュージックと光の演出で、自然とテクノロジーの共存を体感してください。

世界的に再評価が高まる日本のアンビエント・ミュージックの先駆者INOYAMALANDを迎え、YOSI HORIKAWA, HAIOKA, Kate NV, Nami Sato + LoradenizというRed Bull Music Academy卒業生の気鋭アーティストが、日本庭園に寄りそう「環境音楽」を奏でます。

光の演出は、撮影業界を率引し金字塔を打ち立てた照明の第一人者、伊地知完率いる、光を操るアーティスト集団HIKARI ASOBI CLUBが担い、黒澤フィルムスタジオの機材を駆使した幻想的な世界が出現。
そして音響は、建築における音響設計、音源製作、ライブ等でのミックスを行う音響チームWHITELIGHT SOUNDSYSTEMが担当。

庭園を回遊しながら、アンビエント・ミュージックと、ライトアップされた庭園の景観を楽しむ。
徳川幕府時代の遊興の場で、現代のエンターテイメントが再現されます。

-第22回文化庁メディア芸術祭協賛事業-

 

花紅柳緑@浜離宮恩賜庭園 (KAKO-RYURYOKU AT HAMA-RIKYU GARDENS)
2019年4月20日 (土) 19:00〜
INOYAMALAND
YOSI HORIKAWA
HAIOKA
KATE NV
NAMI SATO
LORADENIZ

UNCANNY イベントレポート
https://uncannyzine.com/posts/65782

 

この記事を共有する:

Facebook