南米のパラグアイの民芸品で、鮮やかな配色とグラデーションが特徴的な虹色のレース編み“ニャンドゥティ”。現地のグァラニ語で「クモの巣」という意味を持ち、16世紀にスペインから伝わったレースが現地の文化と融合し独自のレース編みとして発展しました。

パラグアイの自然や生活に密着したユニークなモチーフは350種類以上もあり、その色とりどりの糸と針で作られた繊細な刺繍は多くの人々を魅了し、日本でも注目され始めました。民族衣装や室内装飾に多く使われていますが、近年ではドレスやハンドバッグにまで活用され、広がりをみせています。

細かい手作業で、多種多様な模様を作り上げるのが魅力ですが、EAST WORKSでは初心者でも楽しめる手軽なアクセサリー作りを、日本でニャンドゥティ第一人者である、岩谷みえエレナさんを迎えて開催します。自分の好みの配色やグラデーションでオリジナルのニャンドゥティアクセサリーを作ってみませんか。ピアス、イヤリング、ストラップからお好きなものをお選び頂けますよ。

EAST WORKS “虹色のニャンドゥティでアクセサリー作り”
2018年8月19日(日)15:00-18:00
講師:岩谷みえエレナ(パラグアイ国立伝統工芸院(IPA)認定ニャンドゥティ指導員)
参加費:5500円(材料費・お茶代込)
持参していただくもの:糸切りバサミ(お持ちでない方は普通のハサミ)、筆記用具
RESERVA予約システムから予約する

講師のプロフィール:岩谷 みえ エレナ
パラグアイのラ・コルメナ市生まれのパラグアイ人(日系二世)。アルゼンチンとパラグアイを経て現在は日本に暮らし、ニャンドゥティを始めとしたパラグアイの文化や魅力を紹介。ニャンドゥティの製作実演や販売、講演・ワークショップも行う。初めての本格的なニャンドゥティの解説書「パラグアイに伝わる虹色レース・ニャンドゥティ~伝統の模様と作り方」を出版。
http://panambi-jp.com/

こんな人にオススメ
* オリジナルアクセサリー作りに興味のある人
* 市販のアクセサリーでは物足りない人
* ニャンドゥティの創作に興味のある人

なお、材料を揃えますのでキャンセルに関しましては、開催1週間前までにご連絡ください。
それ以降のキャンセルに関しては、キャンセル料として全額お支払いをお願いいたします。
定員に満たない場合、開催を延期・中止させていただくことがありますので、ご了承ください。

* お申し込み後に確認メールをお送りいたします。 もし、メールが届かない場合は、申込みが正しく出来ていない可能性がございます。 お手数ですが、迷惑メールボックスやメールアドレスなど入力項目をご確認の上、reservation@kontacto.jp へご連絡ください。

この記事を共有する:

Facebook