割れたり欠けたりした陶磁器などを漆で継ぎ、金や銀で上化粧して修復する日本の伝統技法、”金継ぎ(きんつぎ)”。修復するだけでなく、その器をさらに味わい深く仕上げるため、近年人気が高まっていますが、「手間暇がかかるのでは」「技術が難しいのでは」と思っていらっしゃる方も多いと思います。

今回のワークショップでは、伝統的な材料を使わず、パテや新漆を使いどなたでも簡単にできるようにアレンジ。その日のうちに修復された器をお持ち帰りいただける「現代風金継ぎ」を体験できます。割ってしまったお気に入りの器を蘇らせ、いつまでも大切に使っていける技を習得しましょう!

———————————

2016年1月16日(土)10:00〜13:00
EAST WORKS : ”現代風金継ぎをトライしよう!”
@KONTACTO EAST STUDIO MAP

受講料:4700円(お茶代・材料費込み)

講師:笹原みどり(金継ぎ Oh! LaLa (キンツギウララ) 主催)
武蔵野美術大学(芸能デザイン学部)卒業
フリーランススタイリスト, 現在は国内外での展覧会に参加。

ご持参いただくもの
*金継ぎを施したい欠けたり割れた器 (あれば2、3点お持ち下さい)器はこちらでもご用意出来ます(1点500円から1000円)
*エプロンなど汚れても良い服
*器の入る箱(時間内には乾かないためお持ち帰り用)
*筆記用具

 

RESERVA予約システムから予約する

この記事を共有する:

Facebook