先日のNORIさんのバースデーで見事なダンスを披露してくれたCOCO FLAMEことあやちゃんがコーラスガールとしても活動するバンド、ダンボール・バットの『壊れたカセットはAOR』レコ発ライブがロックの日、6/9に渋谷ラストワルツで行われました。

その前に対バンで登場した「OBANDOS(オバンドス)」は、安齋肇、朝倉世界一、白根ゆたんぽ、しりあがり寿、高橋キンタロー、薙野たかひろ、パラダイス山元、なんきん、ミック・イタヤという個性派くくりではもはやくくりきれないメンバーで構成され、各々が自作の楽器を持って演奏するというバンドで、熟練のおじさまたちが思いっきり遊んでいる感がとてもほのぼのな、かつストレンジな音楽とのコントラストが心地よいステージでした。

その濃いーメンバーの後に登場したダンボール・バット。今回ライブへ行きたいと思い立った『DARK STAR』ももちろん、それ以外の曲もとってもロマンティックで気だるくてクール。

きっと世界は広いので、これは日本だけの文化だと言い切るのはおこがましいのですが、日本人で良かったーと心底思える一夜でした。ダンボール・バット万歳。

 

ダンボール・バット “DARK STAR”

 

この記事を共有する:

Facebook